シビアで考えさせられる戯画というのは意外と奥深いものです

「キノのツアー」というマンガと出会ったのは10年ほど前方…キノという乙女(感触少年)と人語を話すモトラドのツアーのお話。
今時の挿図ではなく、少し古風なタッチで描かれた代物なので成否はあると思います。
私も実は、ちゃんと見極めるまでは余り好きな挿図ではなかったです。
ですが、キノのツアーの仕方やモトラドとの会話、筋道の光景や独特な見方がいい味を醸し出していて至急理想の間になりました。
「働かなくて好ましい各国」や「話さなくても通じ合える各国」や「カルチャーの薄い各国」など、色々な各国を旅するのですが どれもこれも不思議な各国で、働かなくていいのに勤める国民・話さなくても通じ合えるのに何者ゼロ人として身寄りを欠ける国民・カルチャーがないはずなのにカルチャーが生じる実例に気付いていない国民…その不思議な各国や国民はどうしてそうなったか?を解ると、とても怖くなる時があります。
マンガだからサラッと流し見てしまうが、知ろう!と想う気持ちで見ると その神業のロットがどれもこれも私達の身近な生活にあるとおんなじ実例に気付くからだ。
例えば、働かなくていい各国なんて本当にあったとしたら(なんて幸せな各国なんだろう!)と思ってしまいますが、そちらの国民は実際勤めるのです…それは何故か?
「人はある程度のストレスがないと堕落してしまう、だから仕事をして適度なストレスを与えているのです」
もっともだと思いました。
話さなくても通じ合えるのに、その国の人は何者とも一緒に暮らしていない…それは何故か?
言葉に出さなくても自分の進め方が広がるなんて、好きな人に自分のポリシーを総て伝わるじゃない!と思いますが、
「伝わならくてよろしい心地まで伝わってしまう…ダメージ塗り付けたくないのにダメージ付けてしまう」
確かにそうですね、言わなくていい事は言わなくていいんです。
だからこそ「言葉」という代物があって、それを選び訴える…人間だけにしか乏しい凄い実例なのに、それをなくしてしまうのは危うい。

そういった考えさせられるような内容の話ばかりで、今時のマンガよりも凄いと感じましたし、いっぱいの人にも見て考えて これからの人生を歩んで欲しいな…と思います。即ハメでの実績が知りたい

劇場編1000年クィーンというなかなか知名度が低い品物について

1999年、不気味な星、ラーメタルが地球に近づきつつありました。都内の残るマンションでは、教師をやる雪野弥生が、筑波天文台の雨森指令から遊星ラーメタルから帰ってきた検証艇のお披露目を聞きました。女房は天文学の知識を買われ、天文台の職業を手伝っています。

実は弥生は教師の陰に変えていますが、かぐや姫の昔から、1000年の間、地球を見つめてきたラーメタルの使者「1000年女王」だったのです。

その時、イマージェンシーテレホンが入り、「新1000年女王」から交替の宣告が伝えられます。
地球にやり記したことがあると物悲しい形相の弥生の前に、窓の外から雨森始が面持を出します。

始は弥生の受け持ちの生徒で、窓ふきのバイトを始める天文少年だ。入れ幅で弥生の次女セレンが入ってきて、ラーメタルが地球を奪いとる対策だと話決める。
その頃、始の親が、経営する工房の破裂で死んでしまい、叔父の雨森指令のところに身を寄せることになりました。

その間にも、ラーメタルは刻束の間と地球に接近しつつあります。木星に近づいた歳月ラーメタルの氷の外殻が溶けラーメタル人が現われます。暫くして、ラーメタルの隕石帯が、空白数の火の玉となって地球に落下していきます。

都内も壊滅的なパニックに陥りました。始は弥生を助けようとマンションに走ります。
そこで、調整人に地中へ案内される。そこは、1000年女王が数世紀前に造った都内直下の避難部位で、数万の難民の陰があった。

始は、こういう地中大空洞はノアの方舟と同じように、人も生き物も乗せたとおり、地球から脱出できることを聞かされました。

そして、地球は天地轟音し関東平野の外周部に突然、大断層が生じ大地がゆっくり上昇しはじめました。

大空洞船、1000年女王パーセンテージる「ノアの方舟」が陰を現わしました。ゼロ方、ラーメタルも大船団を地球に送り、負荷をしかけていきます。

「ラーメタルは何をしようとしているのか女王です我々に何も知らせないで」

女王は暗たんたる気持だ。天王山は壮絶なアイテムとなり次第に地球軍が有利に展開しついにラーメタルを乗り切るのです。

始は弥生が亡くなった事を聴き、女王のルームに入ろうとやるが旧1000年女王2人がルームに入ろうと始める「始」を遠退け、の場合にいれてくれません。ラーメタル人は亡くなると「ミイラ」になるという事を以前に聞いていたので余計心配です。

その時、始に弥生からの書状を渡されました。書状のパーツは、「始のパパと奥さんを殺したのは我々だ。」始は衝撃を受けます。起こる人モノが男性に作戦書のものを焼けるかと問われ、男性は「焼ける」と回答し、依頼したのは「ラーメタル人」でした。

時が巡り作戦の物を作られました、と、同時に大破裂したのです。作られたものを不幸特定を出したのは1000年女王(弥生)でした。

気持ちが混乱していた始でしたが、混乱は治まり、始は「父兄」の実態に起こった事を「事象に残す実態」にしました。

そして儀式を立ち向かう歳月が来ました。棺のの場合には弥生が納められていました。
しかし面持部分だけ見えないようにしています。始だけでるようになっています。始は、弥生の面持を見ました。始の目から涙が立ち寄りません。

旧1000年女王に疑問されました。始は「弥生師範は今までのの場合で頂点綺麗な面持をしていたよ。」と答えます。それを聞いて「旧1000年女王」の陰が消えていきます。
それに応じて次々と陰が消えていきます。そしてしめも消えました。

全てがおわり、由来なのです。闇金から逃げる方法とは?

私の大好きなアニメ「刀語」という新しい部類のアニメ

元々本マンション「西尾維新」が好きなのですが「刀語」のマンガの絵柄があまり好きではなかったので長らく見ていませんでした。
しかし、やはり好きな本マンションのマンガは気になります。思い切って一気に借りてみました。

率直に言うと、絵柄なんかで確定せず、もっと速く見れば良かったと思いました。
色の美しさに感動しました。こんなに綺麗なマンガ見たことない!
斬新の外見もスクリプトの文字通りで、サウンドも素晴らしかっただ!
ヒーローの鑢七花を演じた細谷佳正君、最初は気分が無くけじめのない言い回しが、回を追うごとに徐々に気分が生まれて出向く入会が素晴らしかった!
同じく主要人間公のとがめは、感情の起伏が激しかったり、冷静で冷徹であったり、終了の景色は、非情でありながら、七花をおもう容易いサウンド…嬉しい!
作画から声優君まで、制作者周囲の力作への情愛を強く感じました。

はじめ話エンドの話なので、はじめ話しか出て来ない斬新にもはじめ人間ひとり丁寧に描かれていらっしゃる。
「第七話 悪刀 鐚」七花と七実の兄妹対決は圧巻であり、とても虚しく、マンガでしか表現できない七実終了の戦闘景色は素晴らしかった!
「第九話 皇族刀 鋸」二人間の関係性が一気に深まった話し!とがめがとにかく明るい!
「第十話 誠刀 銓」二人間が互い苦手な物体、そして過去に向き合い、打ち勝つ話、期待通りの出来でした。
「第十二話 炎刀 銃」結果回。虚しくも可愛いとがめの終了。観光の終わりは全ての終わり。終わってしまった悲しみと、最初からエンドまで、本当に有難いマンガだったと感動しました。

マンガを見終わった後、すぐにBlu-rayBOXでマンガを買いました!
定期的に見てしまうほど大好きなマンガだ!置き換えダイエットシェイクが一番調子が良いです。

「超人カギ」は恒久を通じると思っているけどそうではないかもしれない

聖悠紀(ひじりゆうき)さん(ダディーだ)の第一人者作品「超人ロック」は、第1作品まぶたの「ニンバスと負の背景」が1967年に同人書籍で発表されたのを皮切りに、登録本を転々としながらも、50年周り見える(つまり、作品の連続年数だけで言えば、あの「こち亀(1976年~)」より9年も長いのだ)、全国コミック史上に燦然ときらめく超大作だ。
主要人公のロックは、緑の髪を持つ、銀河系最強のエスパー。
比類なき強大な力を保ち、遺伝子を操作してダディーにも夫人にも、老人にも幼子にも生まれ変われる、不死身の物。
けれど、人類の穏やかのために凄い異議へと私を投じ、人々の心労や悲しみに涙する、手厚い人。
地球を、太陽系を離れ、銀河系にまで居留の場所を広げる人たぐいは、それでもバトルを取り止める事はありません。
さらに、人を超えた力を持つエスパーは、普通の人間陣に「モンスター」と嫌悪の目を向けられたりも決める。
どんなに年月を重ねようとも、人はバトルや憎しみからずらかれない。
それでも、ロックは人々の結果、人類の穏やかのために戦い積み重ねるのです。

自分が聖さんを知ったのはもう40年以上もの前で、多分、恋人の事を特集したアニメ関連本を読んだのが初代です。
なにしろ、のちの79年にコミック本「少年先人」で連載がスタートするまでは、同人書籍としてのみ販売されていたため、普通の書店では売っていなかったのです。それなのに、本で特集が組まれたというのですから、いかに熱烈な信者が多かったか、うかがい知れるという品。
では、当時、極々マイナーな物であった(近年とは違って、同人書籍を印刷で多量供与なんて出来なかった)恋人の作品が、なぜそれほどまでに多くの人の胸をひきつけたのか。
それは、「超人ロック」という作品の希有壮大な話はもちろんですが、なんといっても、聖さんの描く線にあると思います。
チャットの推進はハードにもかかわらず、やり方の線は細く、その目にはダメージつきやすさと頑丈気持ちが同居する。
叙情的状況におけるデリケイトかつ華麗な写生は、「これがダディーの人の描くイラストレーションなのか?」と不可解とエモーションをもたらします(実際の話、当時の信者のの場合には、聖さんを女性だと思い込んでいた人が少なからずいたそうで)。

さて、1000年以上もの長きに渡ってチャットは展開して赴き、昨今なおロックのトリップは終わっていません。
聖さんはコンスタントに新作を発表されてあり、まだまだ「サーガ」は続きそうです。