私の大好きなアニメ「刀語」という新しい部類のアニメ

元々本マンション「西尾維新」が好きなのですが「刀語」のマンガの絵柄があまり好きではなかったので長らく見ていませんでした。
しかし、やはり好きな本マンションのマンガは気になります。思い切って一気に借りてみました。

率直に言うと、絵柄なんかで確定せず、もっと速く見れば良かったと思いました。
色の美しさに感動しました。こんなに綺麗なマンガ見たことない!
斬新の外見もスクリプトの文字通りで、サウンドも素晴らしかっただ!
ヒーローの鑢七花を演じた細谷佳正君、最初は気分が無くけじめのない言い回しが、回を追うごとに徐々に気分が生まれて出向く入会が素晴らしかった!
同じく主要人間公のとがめは、感情の起伏が激しかったり、冷静で冷徹であったり、終了の景色は、非情でありながら、七花をおもう容易いサウンド…嬉しい!
作画から声優君まで、制作者周囲の力作への情愛を強く感じました。

はじめ話エンドの話なので、はじめ話しか出て来ない斬新にもはじめ人間ひとり丁寧に描かれていらっしゃる。
「第七話 悪刀 鐚」七花と七実の兄妹対決は圧巻であり、とても虚しく、マンガでしか表現できない七実終了の戦闘景色は素晴らしかった!
「第九話 皇族刀 鋸」二人間の関係性が一気に深まった話し!とがめがとにかく明るい!
「第十話 誠刀 銓」二人間が互い苦手な物体、そして過去に向き合い、打ち勝つ話、期待通りの出来でした。
「第十二話 炎刀 銃」結果回。虚しくも可愛いとがめの終了。観光の終わりは全ての終わり。終わってしまった悲しみと、最初からエンドまで、本当に有難いマンガだったと感動しました。

マンガを見終わった後、すぐにBlu-rayBOXでマンガを買いました!
定期的に見てしまうほど大好きなマンガだ!置き換えダイエットシェイクが一番調子が良いです。

「超人カギ」は恒久を通じると思っているけどそうではないかもしれない

聖悠紀(ひじりゆうき)さん(ダディーだ)の第一人者作品「超人ロック」は、第1作品まぶたの「ニンバスと負の背景」が1967年に同人書籍で発表されたのを皮切りに、登録本を転々としながらも、50年周り見える(つまり、作品の連続年数だけで言えば、あの「こち亀(1976年~)」より9年も長いのだ)、全国コミック史上に燦然ときらめく超大作だ。
主要人公のロックは、緑の髪を持つ、銀河系最強のエスパー。
比類なき強大な力を保ち、遺伝子を操作してダディーにも夫人にも、老人にも幼子にも生まれ変われる、不死身の物。
けれど、人類の穏やかのために凄い異議へと私を投じ、人々の心労や悲しみに涙する、手厚い人。
地球を、太陽系を離れ、銀河系にまで居留の場所を広げる人たぐいは、それでもバトルを取り止める事はありません。
さらに、人を超えた力を持つエスパーは、普通の人間陣に「モンスター」と嫌悪の目を向けられたりも決める。
どんなに年月を重ねようとも、人はバトルや憎しみからずらかれない。
それでも、ロックは人々の結果、人類の穏やかのために戦い積み重ねるのです。

自分が聖さんを知ったのはもう40年以上もの前で、多分、恋人の事を特集したアニメ関連本を読んだのが初代です。
なにしろ、のちの79年にコミック本「少年先人」で連載がスタートするまでは、同人書籍としてのみ販売されていたため、普通の書店では売っていなかったのです。それなのに、本で特集が組まれたというのですから、いかに熱烈な信者が多かったか、うかがい知れるという品。
では、当時、極々マイナーな物であった(近年とは違って、同人書籍を印刷で多量供与なんて出来なかった)恋人の作品が、なぜそれほどまでに多くの人の胸をひきつけたのか。
それは、「超人ロック」という作品の希有壮大な話はもちろんですが、なんといっても、聖さんの描く線にあると思います。
チャットの推進はハードにもかかわらず、やり方の線は細く、その目にはダメージつきやすさと頑丈気持ちが同居する。
叙情的状況におけるデリケイトかつ華麗な写生は、「これがダディーの人の描くイラストレーションなのか?」と不可解とエモーションをもたらします(実際の話、当時の信者のの場合には、聖さんを女性だと思い込んでいた人が少なからずいたそうで)。

さて、1000年以上もの長きに渡ってチャットは展開して赴き、昨今なおロックのトリップは終わっていません。
聖さんはコンスタントに新作を発表されてあり、まだまだ「サーガ」は続きそうです。